www.martautset.net

いよいよ始める時という局面では一番に下準備をおろそかにしてはいけません。トレードを始める前であったら相場を冷静に見ることができるゆとりがあります。だがしかし、一度売買の中に深入りすると、捉え方が偏ったものになりがちで肝心な時に真っ当な見方が出来なくなる。不安があります。それゆえに自身の考えが理性的な間にちゃんとした準備が大切なのだ。その”準備”とは、とにかく自分だけの台本を書くことから手をつけます。今からのあの通貨はああだから豪ドルを売買するというふうにあなたなりのストーリー展開を考えていきます。次に大事なのは日足チャートを調べましょう。これまでの為替相場の上下動を調べて、今の相場を確認します。そうすれば、「今はなかなか高い水準になっている」など、他には「もう大方の方が取引しているから、これから慌てて取引してもすでに遅すぎるな」ということが分かってきます。すでに売り(または買い)するが間に合わないなと感じたら何もしないで、ここはすっぱりと吹っ切ることが不可欠です。どう試みても自分なりのストーリー展開を貫いて、無理やり売買するとマーケットに跳ね返されてしまい、逆に損害を受けることになる可能性があります。もっともかなりの状況で用意周到に自らの物語を作っていると仕かけるのが手遅れという場面にはなりません。明確に市場が変化する前の状況のはずだからです。その次に注文しようとしている外貨の推移をじっくりと確かめる事が大切です。円安が進むだろうという脚本を記したのであれば、該当する通貨の動きに注目しておきます。市場の上げ下げを確認し始めたばかりでは、ドルは誰の眼にも明らかに推移する兆しを見せないで上や下に小幅な動きをしているだけでしょう。だが、その上げ下げを注目しているとあるところでドル高の方向へと動き始めます。このチャンスで初めて、ドル買いの注文をします。一般的に、これだけ計画的に準備さえしておけばその取引で稼げる確率は結構高くなるはずです。

Link

Copyright © 1996 www.martautset.net All Rights Reserved.