最終的には取引は成功します

現実にパソコンの画面の前で、絶えず上下動している相場を見てしまうとどことなく売り買いをせずにはいられなくなるという抑えようの無い感情に煽られる人も少なくありません。任意整理の費用

しかし、不明瞭な考えで注文することだけは絶対にしてはいけません。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 効果はない

確かに、外国為替市場は四六時中、どういう時でもいずれかの為替市場が動いているし、市場も常時、変動している。アヤナス価格

だからといって、売り買いをすると、それだけ損をする危険性が上がってしまいます。Bula!

もちろん、注文の数を積み重ねる事で次第に勝つ確率か50%、50%になっていくのは事実です。キャッシングとカードローンの違い

でもこれは「なんとなくアイデアでトレード」してしまうこととは別問題です。ボニック

エントリー回数を重ねるというのはあなたが「ここは!」と考える確信を得られたところでの取引回数を積み重ねるという事です。

特段の理由も無く、ひっきりなしに売買を積み重ねるのとは大きく違う。

相場の駆け引きに臨むには、自ずから思案して緩急をつけることこそが必要です。

「ここだ!」と思い至った市場の時には、保持ポジションを多くして儲けを追求します。

「明らかに悩ましい外国為替相場で、どうなるか予想できないな」と感じたならば執着しないで所持ポジションをひとつも残さないでクローズして黙っています。

これぐらいのメリハリがあったほうか、最終的には取引は成功します。

相場の格言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりだと思います。

取引とはいつでもポジションを所持する事がすべてではなくどの売買ポジションも持たないでじっと待っている事も場面によっては必要です。

じゃあ、いつ休みどきなのでしょうか。

ひとつは、先述の通り、現在のマーケットが具体的に分からない時です。

これから高くなるのか安くなるのか判断できない時は、ヘタに動くと、自ら作った脚本とは異なった方向に外国為替相場が推移してしまい、損失を被る事になります。

こういう時はポジションを無くして、そのまま静観しているのがいいと思います。

ふたつめは、己のコンディションがあまりよくない時です。

体の状態と市場に関係ないと感じる人もいると思いますが意外に影響を与えます。

体の調子が思わしくなければ相場の決断しなければいけない状況で、落ち着いた決定をする事が出来ない場合が多くなります。

興味がわかない時はFXから遠ざかる事も大事な事です。

Link

Copyright © 1996 www.martautset.net All Rights Reserved.