そういったものは

日刊紙のチラシ、スポーツ紙、電信柱にある広告やDMで「債務の合理化手伝います」「負債をまとめたくありませんか」という内容の売り言葉を見かけることがしばしばです。75-4-111

そういったものは、「整理業者」「買取専門屋」「紹介者」と呼ばれている企業のおとり広告のケースもあるということなのです。75-10-111

それらを申し込んだ場合では破産申請の中で最重要な免責認定を受けられない恐れがあります。75-12-111

「整頓人」というのは、広告などで多重債務者を呼び出し高い代金を受けて整理をしますけれど本当は負債整理は行われないで、一層の債務スパイラルに陥るときがほぼ全部と思われます。75-16-111

「買取専門人」というのは債務人のローンで、家電、新幹線の利用券を大量に購入させて、負債者からその品を買った値段の30%から額面半額で買い直すというやり口が知られています。75-6-111

依頼者は一時は金が懐に入りますが、いずれカード業者経由で購入品の支払い要求がきて、実際は債務を増大させる結末で終わります。75-14-111

クレジット会社相手の犯罪ということになり免責許可を手に入れられなくなります。75-17-111

「つなぎ業者」は、大手貸金から断られるようになった債務者に関して、直接の貸出はしないでおいて、提供をしてもらえる会社を教えて、法外な依頼料を要求する企業です。75-11-111

自分の手続きで融通できたかのように解説しますが、現実は何もしておらず、ルールの緩やかな企業を把握しているというだけなのです。75-9-111

本当は借金を悪化させる結果となります。75-13-111

Copyright © 1996 www.martautset.net All Rights Reserved.
75-7-111 75-19-111